ケトジェニックダイエット

ダイエット

ケトジェニックダイエットの特徴

ロバート・アトキンス博士が考案したダイエット法であるアトキンスダイエットの流れをくむダイエット法
別名:アトキンス式ダイエット
主に炭水化物などの糖質をほぼ摂取せずに2週間過ごす事で脂肪が代わりに燃焼される時にケトン体が作られます。血糖値及びインスリンをコントロールし、体脂肪が消費されやすい体質をつくというもの。

ケトン体とは?

食後約13時間で体内のブドウ糖が枯渇した状態で脂肪酸が燃焼するとき、肝臓ではケトン体(アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸)という物質ができます。そしてこのケトン体は脳にエネルギー源を供給するために肝臓で作られる物質です。実際に働き始めるのはそ食後から17~18時間後です。

主な食事方法

ダイエット開始から2週間は炭水化物などの糖質は摂らない事
2週間が経過後は、若干ではあるが炭水化物を摂取しても良い。

基本的に野菜やお肉やお魚を中心とした食事を行う。

サラダ

あくまでお米やパン、ジャガイモなどの糖質を制限する。

メリット

・体内の溜まりに溜まった脂肪が減る
・野菜などを中心とした食事になるので健康的
・食後に眠くなりにくい
・アンチエイジング効果

デメリット

・現代人は糖質中毒になっているので慣れるまでが非常に大変

実際にケトジェニックダイエットをやってみた結果

正直言って、このケトジェニックダイエットは効果絶大なのを知っていたのですが見ないふりをしていました。
それは私自身、糖質中毒だからです。
毎日ご米とパンとジャガイモを食べていれば幸せと思っていたからです(笑)
なのでこの3つが2週間も完全に絶たないといけないとなるとタバコによるニコチン中毒のようなものに絶対になると思ったからです。
案の定、開始して1週間でもはや死にそうになるくらい辛い状況になりました(笑)何ていうか本当にイライラもするようになったんです。しかし、1週間も大好きな炭水化物などを断ってきたので諦めるわけにはいかないと思って踏ん張りました。

そして1か月後、身体の調子も良い感じで体重はまさかの7キロ減。
何よりも嬉しかったのはウエスト周りが71センチから62センチと9センチも細くなったのでした!

まとめ

とにかく運動が嫌いだけど、健康的に痩せたいという人向け。
運動をしない代わりに食事制限をしなければいけないという事です。
よって食べる事が大好きな人は、運動を頑張るしかありませんが、それでも食生活は偏っていると思うのでバランス良く五大栄養素を考えていかなければいけません。

口コミまとめ

[WPCR_INSERT][WPCR_SHOW POSTID=”ALL” NUM=”3” SNIPPET=”” MORE=”” HIDECUSTOM=”0” HIDERESPONSE=”0“]

コメントを残す